動画制作の相場っていくらなんだろう?安かろう悪かろうの意識は持っておくべきだと思う。

動画制作の相場っていくらなんだろう?安かろう悪かろうの意識は持っておくべきだと思う。動画制作の相場ってわかりづらいですよね。もちろん動画制作を仕事にしている方や以前から発注している企業の方であれば相場もお分かりかと思います。

相場がわからない方というのは「動画」「動画作成」などに詳しくない方で、発注した数も1、2回程度の方かなと思います。

実は自分はこの状況をかなり危惧しています。というのもWEBサイト制作と同様に価格が崩壊して「安かろう悪かろう」という認識がなくなってしまうのではないか思うのです。

WEBサイト制作でも数万円からありますが、自分は成果を本気で求めるのなら最低でも30万円、良いものを求めるなら60万円以上だと思っています。(もちろん作るWEBサイトの内容にもよります)

動画制作でも人件費や作業工数を考えると数万円なんて100円均一で売っているイヤホンのようなものです。良い音で聞きたかったら2、3万円は出すべきでしょう。

ですが、動画制作となると馴染みがないためか「3万円クラスのイヤホンを100円で欲しい」という意識を持ってしまう方が多い。そして制作側も仕事が欲しくてその金額で受けてしまう。すると制作側は大赤字なのでどんどんすり減っていって幸せになれない。言い方は悪いですが搾取されてしまっている状態に陥ってしまう。

こうなってくると発注側も制作側が疲弊していて余裕がない状態なので、気持ちもこもっていないし、やっつけな仕事になって良い物は仕上がってこないというお互いに悪循環が始まることになる。

お互いにリテラシーを上げよう

こういった悪循環に進まない為にも発注者も制作側もリテラシーを上げていくしかない。制作側は「啓蒙」、「教育」していくしかない。本当は動画(WEBコンテンツ)と映像と区別して考える必要もあることを広めなければいけない。

また適正金額を提示して「高すぎる!」とこちらの金額の理由に耳を傾けることなく値下げ要求をしてくる人は断った方がいいと思う。お客様を選びましょう。

発注者側も本気で良いものが欲しいと思うのならば、制作側にそれ相応の支払いをするべきでしょう。気持ちよく仕事をしてもらった分だけメバレッジがかかって良いものが出来ると私は思っています。

まずは相場から

というわけで、動画制作を請負っている会社の料金を幾つか載せておきます。ただし動画制作(映像制作)の場合、キャストのありなし、ナレーションのありなし、CG、アニメーションのありなしなど多種多様なので、一概に相場はいくらといえない部分もあります。

エコノミープラン:18万円
動画の長さ:〜80秒
サービス概要 | Crevo[クレボ] 動画制作プラットフォーム

スタンダードプラン:40万円
動画の長さ:〜3分
料金プラン | Viibar(ビーバー)

他にも企業紹介用映像で60万円、商品プロモーションで80万円などが相場のようです。簡易制作でも10万〜15万円(制作する動画の時間による)が相場ですね。

誤解が生まれると申し訳ないので注釈を入れると、本来は数十万円とってもおかしくないんだけど仕事を取る為に赤字ギリギリで提供しているという会社さんもいらっしゃいますので「安かろう悪かろう」が成り立たない場合もあります。

magari studioでも動画作成プランをご用意していますが、これはどうしても動画コンテンツを作りたいんだけど、撮影や編集がわからない方がそこで足踏みしてしまうのを防ぐ為です。ですので内容も本当に簡易的なもので、企画や構成などは含まれていません。

この「相場」については、もし動画制作を本業でやっている方がいらしたら、ぜひご意見を頂きたいです。

クラウドソーシング

どうしても、そこまでコストがかけられない。そこまでのクオリティがなくてもいい。という方はクラウドソーシングで発注してみてもいいかもしれません。
映像編集・映像制作の依頼・外注・料金比較【クラウドワークス】

参考記事

ソーシャルメディアでシェアする

magari studioへの問い合わせ