動画スタジオ運営者から「これから動画活用を始める方」へ伝えたい5つのメッセージ

動画スタジオ運営者から「これから動画活用を始める方」へ伝えたい5つのメッセージmagari studioは「これから動画コンテンツを作り始めたい個人事業〜零細企業規模の方」の動画づくりのハードルを少しでも低くしたいという想いからスタートしました。

撮影場所と必要最低限の撮影機材を用意することで、動画コンテンツを活用して、よりHAPPYになってもらえたらと思っています。思っていますが!やはり動画活用に取り組む前に認識しておいて頂きたいことがあります。

WEB動画を活用して成果を出すのは簡単ではない

WEBと同じく動画も魔法の杖ではありません。動画コンテンツにした途端に、今まで全く届かなかった情報が爆発的に届くようになったという事態はそうそう起こりません。

成功事例として動画コンテンツが爆発的な追い風になったという話を聞かれたこともあるでしょう。でも、それは氷山の一角です。成功事例のようなことが起こらないというわけではありません。十分に御社が成功事例になる可能性はあると思います。

しかし、誰でも動画コンテンツを作ったら成功事例のように成功するほど甘くはありません。素人が何も考えずにふらっと動画コンテンツを作って、ビジネスの追い風が吹くのなら、セミナーもコンサルタントも必要ありませんよね。

商品、サービスによって向き不向きがある

商品やサービスによってコンテンツを動画にすることが合っている場合とそうでない場合があります。

何かを見せながら(動作、図解、スライド)など解説する必要がある場合は向いています。不動産の下見や料理方法、商品の使い方など「実際に見て
知りたい」というニーズがあるは、動画にするとより効果的になりやすいですね。

逆に「見せる必要がない」ものを無理に動画にしてもあまり効果は期待できません。また話すよりも文章に書く方が得意な方は得意な方で攻めるべきでしょう。

動画とはコンテンツの表現方法の1つですので「動画にすること自体が難しい」ものはそうそうない(資金面で難しい、現実的に難しいなどはあります)と思います。ですが動画にすることが向いているのか向いていないのかは十分に検討すべき です。

参考記事:企業が作る動画コンテンツにはどんな種類があるのかな。

「目的」と「判断基準」を明確にしましょう

動画コンテンツを作り始める前に必ず「目的」とその目的が達成したのかしなかったのかを検証するための「判断基準」を決めておきましょう。

動画を使うと良いらしいから、なんとなく動画にしてみたというのは絶対にやめましょう。偶然、うまくいくことがあるかもしれませんが、大抵はトライ アンド エラーを繰り返して向上していくものですので、検証できるようにしておきましょう。

参考記事:動画制作するのに目的が明確なだけでは全然ダメな理由

いきなり完璧を目指さない!形から入らない!

動画コンテンツで「形から入る」のはお勧めしません。いきなり業務用の何十万円もするカメラを買ったり、照明機材に数十万円かけるのは賢くありません。業務用の機材を揃えても、機材を使いこなせるようになるために四苦八苦することになるでしょう。

まずは普段使っているハンディカムでも、スマートフォンでもかまいません。撮ってみる!編集してみる!公開してみる!ということを何度か繰り返してみてください。

参考記事:零細企業がWEB動画を撮影するのに必要な4つの機材

何事もステップ バイ ステップです。急がずにコツコツと進むのが最短ルートです。

セミナーDVDでも少し手を加えると印象が変わります

まずはセミナーを撮影して動画コンテンツにしようと考える方も多いと思います。その際に「ただ撮って、1本の時間が短くなるようにカットだけして完了!」という方がいらっしゃいます。

それは、かなりもったいないです。実際にセミナーに参加していない人が動画を見ても満足できるように、文字の注釈を入れたり、見づらいスライドを、見やすいように新たに差し込んだりとちょっとした編集で質がガラッと変わります。

簡単だからと「撮ったまま」で公開をせずに、少し手を加えてあげるだけで、その動画コンテンツの価値は上がります。

参考記事:初めての動画編集で使うならコレ!初心者向け動画編集ソフトまとめ。

ソーシャルメディアでシェアする

magari studioへの問い合わせ