動画コンテンツを価値ある動画にするための成功意識

理由のない動画コンテンツはゴミコンテンツ

理由のない動画コンテンツはゴミコンテンツ

動画を撮影して、Youtubeに投稿する。
その動画コンテンツの存在理由がないと誰の役にも立たないゴミコンテンツになってしまいます。

表現が過激すぎるかもしれませんが、これぐらいの意識は持っているべきです。

せっかく価値あるあなたのコンテンツを動画にするのですから、
価値ある動画コンテンツを作りましょう。

あなたの動画を観るのは誰ですか?

動画を観るのは誰か?

あなたの動画を観てくれるのは誰ですか?
この質問の解答が「だれか」はNGです。

男性なのか?女性なのか?

年齢は?
※20代なんて広すぎます。20歳の人と29歳の人が同じですか?

職種は?職業は?

なぜあなたの動画を観るのか?

なぜあなたの動画を観るのか?

見る人が決まったら、その人の「あなたの動画を観る理由」を考えましょう。

  • その人が困っていることは?
  • その人がなぜあなたの動画へやってきたのか?

動画コンテンツの価値は「ニーズを満たしているかどうか」

動画コンテンツの価値は「ニーズを満たしているかどうか」

良質なコンテンツとは「それを見た人のニーズを満たすもの」です。

  • あなたの動画は観てくれる人の問題を解決できていますか?
  • あなたの動画は見に来てくれた人のニーズを満たせていますか?
  • あなたの動画は見に来てくれた人の役に立っていますか?

何のために動画コンテンツを作るのか?

あなたが見る人のことを考えずに伝えたいものを伝える。見せたいものを見せる。
それは一方的な押しつけです。

何のために動画コンテンツを作るのか?
誰のどんなニーズを満たすのか?

その動画コンテンツがWEB上に必要な理由を徹底的に考えましょう。

ソーシャルメディアでシェアする

magari studioへの問い合わせ