企業が動画を作る際に動画撮影する場所を比較してみた。

企業が動画コンテンツを作る際に、なにを動画にするのか?と同時に「どこで撮影するか?」を検討すると思います。

企業として動画を撮影する場所には、いろいろな場所がありますよね。今回は各場所を比較してみたいと思います。

社内のオフィス

社内で動画を撮る

定期的に動画を撮影するのなら、やはり自社内に撮影場所が確保するのが理想ですね。

社内オフィスのメリット

メリットは何と言っても、自分たちの自由に使えるところでしょう。動画を撮影したい時に撮影することができるので、ちょっと撮り直したい。追加で撮影したい。といった状況にも対応しやすいですね。

また背景や使用する機材なども自分たちの好きにできます。撮影のたびに、機材を持ち運ぶ必要もありません。

社内オフィスのデメリット

デメリットは場所の確保ですね。撮影するスペースを確保しなければいけませんし、撮影に使用する機材を保管しておく場所も必要になります。

また他の社員が働いているなかで撮影となると、雑音が多く入ってしまったり、人目が気になって、集中して撮影をすることが難しいこともありますね。

撮影にあたり、映してはいけない書類など撮影スペースを片付ける手間もあるかもしれません。

貸会議室

貸会議室で動画を撮る

貸会議室を借りて動画を撮影する場合はどうでしょうか。使用する貸会議室によって、状況は異なると思いますが、一般的な貸会議室を想定します。

貸会議室のメリット

貸会議室は、キレイなオフィス部屋を借りられるのが最大のメリットです。

ホワイトボードやプロジェクターなども使えるところも多いので、教材系の動画にも向いていますね。

貸会議室のデメリット

貸会議室を借りる場合は、自分たちで撮影に必要な機材を持ち運ばなければいけません。カメラやマイク以外にも照明を持ち運ぶのはかなり大変です。セッティングをする手間もかかりますね。

また貸会議室は、動画を撮影するための場所ではないので、他の利用者がうるさかったり、隣の部屋から音が漏れてきたりすることもありえますね。

カフェ

カフェで動画を撮る

オフィスではなく、おしゃれなカフェで撮影をして、動画の印象を柔らかくしたい。そのような場合には「カフェ」を貸し切ることもあるかもしれません。

カフェのメリット

カフェを使って動画を撮影するメリットは、何と言っても、おしゃれな場所で撮影できることです。

動画では撮影している場所によって、動画から受ける印象も大きく変わります。対談やインタビュー動画などは、おしゃれな場所で撮影するだけで、動画のクオリティが上がりますね。

カフェのデメリット

通常営業をしているカフェを貸し切る場合には、レンタルカフェに対応しているカフェから探す必要があります。お店によっては動画撮影はお断りというお店もあるので、確認が必要です。

また撮影のためだけに、通常営業しているカフェを貸し切るのはコスト的に予算オーバーになってしまったり、希望の撮影時間を確保できないこともありえますね。

また、貸会議室と同じく、撮影に必要な機材を持ち込む必要があります。カフェによっては照明の具合も大きく変わるので、照明の持ち込みが賢明です。

動画スタジオ

動画スタジオで動画を撮る

最後に動画スタジオです。動画コンテンツを作成するために作られたスタジオなので、動画を撮影する環境が整っています。

動画スタジオのメリット

動画スタジオを利用するメリットは、クオリティの高い動画を作れることです。映像のプロが使う業務用のカメラやマイクを使用することができます。

スタジオによっては、グリーンバックを使って撮影と同時に合成もできるスタジオもありますね。

お金さえ出せば、手ぶらでハイクオリティの動画を作ることができます。

動画スタジオのデメリット

動画スタジオの1番のデメリットは、コストです。プロに依頼するので、1つの動画を作るのに、数十万円のコストがかかります。

写真スタジオと同じく、撮影には、スタジオのスタッフが必要になり、人件費もかかります。

またスタジオでは映像も音声も質の高い動画撮れる反面で、編集にも相応の環境が必要になり、編集は自社でやるというのは難しいでしょう。

magari studio

magaristudio

magari studioは動画撮影用のレンタルスタジオです。撮影機材が用意されている貸会議室がわかりやすい説明かもしれません。

撮影場所と撮影機材を貸し出して、お客様自身に撮影をして頂くことで人件費を抑え、貸会議室を借りるのとほぼ変わらない金額(¥3,000/1時間)で提供しています。

機材も素人の方が扱える程度の機材をあえて用意することで、誰でも撮影出来る環境を作り、最低限のクオリティを確保した動画を撮影することができるようになっています。

手ぶらでお越し頂いても、動画撮影もできますし、撮影機材を持ち込んで頂いても問題ありません。

ソーシャルメディアでシェアする

magari studioへの問い合わせ