動画コンテンツ作成に必ず必要な撮影環境

これだけは押さえてもらいたい動画コンテンツの作り方

動画コンテンツとは?

コンテンツの動画版です。コンテンツとは商品であり、価値が生まれるモノです。
「人の役に立たない」「どうでもいい情報」「自己満足」などの動画は動画コンテンツではありません。

今回は動画コンテンツを作る際に抑えておくべき超基本的なポイントについてです。

動画コンテンツとして成り立たせるのに必要な機材

撮影カメラ

ハンディカメラ
映像が荒すぎて物が認識できない。
揺れすぎて酔ってしまう。
などはNGですが、映像として「見れる」ものであれば、ひとまずはOKです。

WEBカメラやiPhone5sでも十分に撮影は可能です。
本当は一眼レフカメラや映像専用のカメラがあったほうがいいですが…

外付けマイク

外付けモノラルマイクロホン
動画コンテンツで音は非常に重要ですね。
一眼レフカメラでもハンディカムカメラでも人が話している声をどれだけクリアに拾えるかが鍵です。
つまり雑音を排除できるかということです。

そのために外付けマイク(単一指向性)を利用することをお勧めします。

照明

撮影用照明
映像が暗いと印象まで暗くなってしまいます。
しっかりと人の顔に光が当たっている状態にしましょう。

背景

magari studioオープン!

背景も大事なポイントです。

自宅感が出てしまうと、それだけでプライベート(趣味)動画のようになってしまいます。
もし自宅で撮影するならば、部屋を片付けて背景はスッキリさせるか、ボカすだけでも雰囲気が良くなります。

ソーシャルメディアでシェアする

magari studioへの問い合わせ